費用を抑える方法|霊園の正しい選び方を伝授

首都圏郊外の墓地

墓参り

共同墓地が欲しいとき

東京の郊外、多摩周辺にある霊園で永代使用料と管理料を納めて自分のお墓を建てることができます。多摩霊園は自治体が運営している公営霊園と寺院や宗教団体が運営する民営霊園に大きく分けることができ、利用する時は、最初に永代使用料とお墓代金を初期費用として支払うことになります。また、年払いの管理費も必要になります。永代使用料とは霊園の一区画を借りるためのお金のことで、永代使用料を納めれば自分から子孫まで利用することができますしお墓は自分の所有になります。多摩霊園では敷地内にお墓を建てるときは石材店を指定しているところが多くなっています。金額はお墓の材質や大きさ、お墓の向いている方角によって料金が違ってきます。例えば、南向きの1平方メートルの土地とお墓の金額がセットで120万円台からとなっています。内訳は永代使用料が50万でお墓代が70万で、管理料は8000円の年払いとなっています。管理料はお墓とお墓の通路や霊園内にある休憩所や駐車場などの管理にあてられます。土地の広さや墓石の形や大きさなどのデザインによって価格が違ってきますので、予算に合わせたものを選ぶことができます。身近に自分が入るお墓がなく新しくお墓を建てる方や故郷にあるお墓を自分が住んでいる近くに移動させる方など様々な方が多摩霊園を選んでいます。民間の多摩霊園では最寄り駅まで直通バスを運行しているところもあります。それぞれを比較して希望にあった霊園を選びたいものです。

墓地

安心してお参りするために

神奈川は関東・東海甲信からのアクセスが容易な好立地であり、霊園探しに最適といえるエリアです。陽当たりと良好な景観は気分良くお参りできる要素です。駅から徒歩圏内だけではなく、自動車利用を意識した選定も必要でしょう。永代使用料を公表するケースが多いため、見学やパンフレット入手も大切です。

線香

お墓について知る

霊園探しの際は、まず埼玉県や各市町村が運営する公営の霊園を探してみましょう。ここは安価で借りることができますが、抽選に選ばれる必要があります。また宗旨が問われない方がいいのであれば、民営の霊園を探してみましょう。また永代供養や墓石工事の費用も調べておきましょう。

墓地

どういうお墓を選ぶか

埼玉で霊園を選ぶ時は、交通などの利便性がいい立地を選びましょう。車で行けない時もあるので、公共交通機関を使った行き方も知っておいたほうがいいです。霊園の宗旨や宗派も調べておきましょう。土地使用代、墓石代のほかに、毎年、管理料を霊園に支払います。